sundaysoundtrack

トップページ > 日常 > 寝違えDiary

寝違えDiary

先週の金曜日、激しく首を痛めた。朝目が覚めて、体を起こそうとすると以上に首が痛い。たぶん寝違え。しかも激しく。上にも下にも右にも左にも動かない状態。

相方さんに助けられて起き上がり、とりあえず応急処置として湿布を貼ってもらう。温湿布と冷湿布のどっちがいいんだろう?となったけれど、家に温湿布しかなくて、よくわかんないからとりあえず温湿布を貼って家を出る。下を向けないから階段を下りるのがつらい。ていうかこれは正直怖い。

出社してすぐにネットで「温湿布と冷湿布」について調べる。どうも温湿布はいけなさそうだ。冷まさなければいけないらしい。確かにどうも熱を持ってきている感じ。うわぁやばいやばい、とトイレでベリベリ剥がす。なんか頭全体が熱っぽくなってきた。ネットで会社近くの病院を探す。整骨院整骨院…。ん…?鍼?もいいのか…?鍼ってしたことないな。

で、昼過ぎに近くの鍼灸整骨院に電話を入れ、夕方の予約を取る。やれやれ。でもなんだか朦朧。仕事をなんとかこなしつつ、すがるように病院に向かう。鍼灸院初体験。でもドキドキしている場合じゃない。

1時間半もの診察&治療。どうもかなりひどい状態らしい。普通の寝違えではこんなことにはならないとのこと。氷でひたすら冷やされ、みっちりマッサージされ、鍼を打たれて、首から肩にかけてテープでぐるぐる巻きにされて、少し(ほんの少し)楽になる。…楽になった気がする。…楽になったと思いたい。冷湿布ももらって帰る。

熱っぽいので早めに帰社。熱い風呂はやめろとのことなので、食事してシャワーすら浴びずにそそくさと寝る。寝る体勢を作るだけで一苦労だ。明日が土曜日でよかった。土曜日は会社を休むことに。

土曜日の朝、やはり起きれない。金曜日と同じ状態。でも気分的には一応少しは「楽になった」気持ち。これからきっと徐々に回復するんだ。そうだよきっと。ということで、本当は安静にしてなければいけないんだけど、相方さんが掃除や洗濯をしてくれている間に引っ越しの片づけの続きをしたり昼ご飯を作ったり。昼からは近くの公園に桜を見に出かけたり。

ところが、花見をしているうちに段々と痛みが出てきた。首の右後ろが痛い。歩くのも結構辛い。そしてちょっと熱っぽい。おまけに今日は冬並みに寒い。むー。やばい。相方さんも変調に気付いたみたいで、帰ろうということに。帰宅。ぐったり。そのままどんどん悪化。夜ご飯はなんとか済ますも、ものを食べるのも結構辛く(喉を通るので飲み込むと痛む)、しまいには「痛まない」体勢がわからなくなってきた。普通に座っているだけで痛い。何をしても痛い。何もしなくても痛い。寝る頃には、「これは寝れないんじゃないか」とすら思えてきた。疲れてたのか無事寝れたけれど。

日曜日。一応少し楽になった感じ(願望かもしれない)。前日の反省も踏まえて安静にする。相方さん、家事ごめんなさい。でもやはり土曜日よりも少し楽だったので、夕方には買い物について行き、夜ご飯も作る。痛むことは痛むけれど、シャワーも浴びる。

で、今日。月曜日。5割ぐらいは治まった感じ。買ってきた冷湿布を相方さんに貼ってもらって出社。まだ首は回らないものの、仕事に支障はなさそう。病院に行きよとは言われたけれど、なんとかなりそうということで現在に至る。さて。

日常 の他のエントリー記事を読んでみる]

sundaysoundtrackは移転しました

スポンサーサイト

permalink | - | - | category: 日常
makitani.com でもブログを書いてます。よろしくどうぞ。
お仕事は Cinci のWebサイトまで。