sundaysoundtrack

トップページ > 音楽 > つじあやの > カーペンターズのトリビュート盤『イエスタデイ・ワンス・モア - Tribute To The Carpenters』

カーペンターズのトリビュート盤『イエスタデイ・ワンス・モア - Tribute To The Carpenters』

B001PBQL9C

日本人アーティストによるカーペンターズのトリビュート・アルバム『イエスタデイ・ワンス・モア - Tribute To The Carpenters』。タワレコのポイントがたまったので買った。

新宿のタワレコでものすごく探したにもかかわらず探し出せなかったので、結局店員さんにお願いした。参加している鬼束ちひろのところにもオムニバスのコーナーにもなくて、新譜が並んでるところにもなかったらわかりっこない。

ジャケットがねえ、笑える。素敵やけどね。

聴いていたら、ものすごくみんな普通にカバーしてる。演奏もものすごく丁寧にコピー。歌もなんだかみんなカレンさん。なんだこの予定調和的な感じ、と思ってライナーノーツを読むと納得。

特にカーペンターズの曲はカバー曲が多いので、オリジナルにとことんこだわるというのが僕と根岸のテーマだ。ある意味コピーバンドになってしまってもよいのだ。あまりにスタンダードになってしまっているので、現代風にアレンジされてしまうとカーペンターズで聴き慣れた数々の作品ではなくなり、カーペンターズの曲として聞こえなくなってしまうのだ。あくまでこれはカーペンターズ・トリビュート。サウンドにもこだわりたいのだ。だから半分ぐらいの曲はかなり完璧なコピーをした。僕らの手を外れている曲も基本的にはオリジナルを生かしたアレンジにとお願いした。

門倉聡(ライナーノーツより)

うん、ものすごくコピーしている。「Only Yesterday」の「え、もうフェードアウトしちゃうの」というところまでコピーしてる。おもしろいかおもしろくないかはともかく、趣旨はわかるし、そうしたくなる気持ちもわかった。

でも、ちょっと正直な気持ち、たぶんあんまり聴かないな、とも思った。悪いけど、これなら本物のカーペンターズ聴くもん。

男の人が歌うとやっぱ雰囲気変わるなと思ったMONKEY MAJIKの「Rainy Days And Mondays」と、あとアルバムの中で完全に我が道を行く感じであいかわらず突っ走ってたBEAT CRUSADERSの「Solitaire」、あとYa-Kawlという人の「I Won't Last A Day Without You」がよかった。Ya-Kawlのは亀田誠治がアレンジしてて、この人だとやっぱりバンドっぽい。

つじあやの嬢の「Close To You」は、まんまコピーなんだけど、ちゃんとカレン・カーペンターだった。この人、いつのまにか歌がうまくなってるね、といったら失礼か。たしかずいぶん前にボーカル・トレーニング受けてるようなことを読んだことがあるし、アルバムやライブでも「歌うまくなったなあ」と思うことが多かったので不思議じゃないんだけど、こういうアルバムでちゃんとボーカリストとして呼んでもらっているということに、なんだかちょっとだけ不思議な感じ。ウクレレは今回は弾いてないよ。

B001PBQL9Cイエスタデイ・ワンス・モア〜Tribute To The Carpenters
オムニバス
Amazon.co.jpで詳しく見る

音楽 > つじあやの の他のエントリー記事を読んでみる]

sundaysoundtrackは移転しました

スポンサーサイト

permalink | comments (2) | trackbacks (0) | category: 音楽 > つじあやの
makitani.com でもブログを書いてます。よろしくどうぞ。
お仕事は Cinci のWebサイトまで。

コメント

やこう | 2009/04/21 02:34
ya-kawlさんは、有名歌手の娘さんらしいですよ。
マキタニ | 2009/04/24 08:34
コメントありがとうございます。
あらそうなんですか。ちょっと検索して調べてみたのですが、わかりませんでした。どなたの娘さんでしょう。

コメント・フォーム

トラックバック

トラックバックはこちらで認証後、掲載されます。sundaysoundtrackのこの記事への言及もしくはリンクがない記事、内容に無関係の記事からのトラックバックは、申し訳ありませんが認証しないことがあります。