sundaysoundtrack

トップページ > 雑記 > 大量バリエーション・ディスプレーと消費者心理

大量バリエーション・ディスプレーと消費者心理

昨日4/21の朝日新聞朝刊(関西版)に、『イチゴの乱』と題した記事が載っていた。かつて「とよのか」一色だったイチゴ売場に、開発された新種が群雄割拠しているとのこと。

そういえば実家にいたときにたまに出てきたイチゴは「とよのか」だったけれど、こないだ相方さんが買ってきたのは記事にも出てくる「あまおう」だったらしい。僕らが食べた「あまおう」はとても大きく、記事によるとシェアを伸ばしているとか。もちろん、とても甘い。

記事に、梅田の阪神百貨店のイチゴのディスプレーの写真が載っていて、「何種類も並べると売れ行きはいいそう。関西のお客は味には厳しい」と注釈がある。果物売場に他の果物に混じってイチゴが並んでいるだけなら「うーん、高いよねぇ」となり、消費者(購買者)の心理としては「買うか、買わないか」になる。でも、イチゴ・コーナーを設けて10種類ぐらいドーンと並べると、「うわー、買ってみる?どれにする?」となりやすい。旬であることのアピールで「たまには買ってもいいよね」となって、「買うか、買わないか」ではなく「どれにする?」という心理が働く。

ここまで来れば、あとは店員さんに「どれが甘いん?」というコミュニケーションにもっていけるし、購買に繋げやすい。うまいね。

ええ、今年はもう2回食べました。「あまおう」おいしいです。西日本では、「ポストとよのか」の有力候補とのこと。

雑記 の他のエントリー記事を読んでみる]

sundaysoundtrackは移転しました

スポンサーサイト

permalink | comments (2) | - | category: 雑記
makitani.com でもブログを書いてます。よろしくどうぞ。
お仕事は Cinci のWebサイトまで。

コメント

相方 | 2005/04/22 23:21
本日「とよのか」を買って参りました。苺は洗うだけでビタミンCが流れちゃうんだよ。だから手早くね♪
マキタニ | 2005/04/23 01:34
おばあちゃんが「イチゴは塩水で洗うんだよ」というのをずっと覚えていて、今さっき調べてみました。ヘタを取って洗うとビタミンCが逃げるので、ヘタをつけたまま、海水程度の塩水でそっと洗うとのことです。

コメント・フォーム