sundaysoundtrack

トップページ > 日常 > 京都めぐり > お経の流し読みは「転読」と言うらしい

お経の流し読みは「転読」と言うらしい

三十三間堂に行ったときに偶然見ることができた「お経の流し読み」、あれはどうも「転読」というものらしい。お寺は違うけれどこんな感じのもの。

転読とは両手で持ってパラパラと右から左へ、左から右へ、とパラパラと広げのである。右に三回左に三回前に三回自分に一回としていく。。。。ギャテイギテイハラギャテイハラソウギャテイと何度も唱えながらくくっていく。

坊主の独り言 | 大般若会

右に三回、左に三回、前に……とやっていたかどうかまでは覚えていないけれど、そんな感じ。

写真としてはこちらの方がわかりやすいかもしれない(薬師寺の大般若経転読法要)。まあとにかく、結構迫力ありました。

日常 > 京都めぐり の他のエントリー記事を読んでみる]

sundaysoundtrackは移転しました

スポンサーサイト

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 日常 > 京都めぐり
makitani.com でもブログを書いてます。よろしくどうぞ。
お仕事は Cinci のWebサイトまで。

コメント

コメント・フォーム

トラックバック

トラックバックはこちらで認証後、掲載されます。sundaysoundtrackのこの記事への言及もしくはリンクがない記事、内容に無関係の記事からのトラックバックは、申し訳ありませんが認証しないことがあります。