sundaysoundtrack

トップページ > web > Webの世界で「笑顔」を伝える

Webの世界で「笑顔」を伝える

会社からの帰り、西武新宿駅の駅構内切符売り場付近で、近くのパン屋さんがパンを売っているのによく出会います。おそらくこの駅の建物の中のパン屋さんなのでしょう。女の人が、ものすごく素敵な笑顔で、よく通る健康そうな声で、パンを売っています。何かの弾みで買ってしまいそうなくらい、気持ちの良い接客です。もしパンを買ってあげたら、これまた素敵な笑顔で「ありがとうございました!」と渡されるんだと思います。サービス業として満点のサービスです。

リアルな世界では、笑顔で、表情で、素敵な呼び声で、ものを売ってしまうことができます。

しかし、Webの世界では、笑顔や表情や素敵な呼び声を伝えることが、残念ながらなかなかできません。文字や色やデザインの雰囲気で、なんとなく伝えることはできても、本物の笑顔や声には到底かないません。

だからこそ、サイト上の文章(テキスト)、メールの本文には、リアルな世界以上に気を遣わなければいけないと思います。

  • 文章は丁寧すぎるぐらい丁寧に易しく
  • メールはテンションを少しだけ上げ気味に、「!」をときどき差し込んだりして

Webの世界では、どうしても相手の「顔」が見えないままのことが多いです。それでも、見えない相手の顔を思い浮かべながら、「こう言ったら(書いたら)、相手はどう思うかな(感じるかな)」と、常に頭の片隅に置きながら、僕はパソコンのキーを叩くのです。

きっと、あのパン屋さんのパンは、とてもおいしいと思います。「taste」だけが、おいしさを決める要素ではないのです。

web の他のエントリー記事を読んでみる]

sundaysoundtrackは移転しました

スポンサーサイト

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: web
makitani.com でもブログを書いてます。よろしくどうぞ。
お仕事は Cinci のWebサイトまで。

コメント

コメント・フォーム

トラックバック

トラックバックはこちらで認証後、掲載されます。sundaysoundtrackのこの記事への言及もしくはリンクがない記事、内容に無関係の記事からのトラックバックは、申し訳ありませんが認証しないことがあります。