sundaysoundtrack

トップページ > 雑記 > きっと口から発することはないだろう「ドン引き」

きっと口から発することはないだろう「ドン引き」

ときどきブログやWebや雑誌などで見かける「ドン引き」。誰かに教えてもらったわけでもなく、気がつけばなんとなく意味も推測でわかっていたというような言葉。「ゲットする」ほど恥ずかしくはないけれど、きっと僕の口からは発することはないだろうなあ。

誰かの発言によってその場がものすごくしらけたり、発言者以外の全員が引いてしまうこと。(中略)もともとは映画・テレビ業界で、カメラのレンズを目一杯引いて(ズームアウト)、広い範囲の風景を映す手法をさしていた。このことばがお笑いの世界に持ち込まれて、意味が変化。ボケやギャグがまったくうけなかったときの、きまずい状態をさすようになり、それがバラエティ番組で使われたことからブレークした。

Yahoo!辞書−新語探検−ドン引き

「ドン引き」Yahoo!ブログ検索
Yahoo!ブログ検索より

「ドン引き」Technorati
Technorati.comより

Yahoo!辞書の新語探検に「ドン引き」が登録されたのが2005年9月22日。ブログでの出現頻度は上がっている(Technoratiではこの2ヶ月下降気味)。Yahoo!検索の結果によると、2005年5月14日放送の「恋のから騒ぎ」で「『ドン引き』した男の言動」というテーマが使われたようだ。いやはや。sundaysoundtrackでの出現は2006年5月29日。たぶん今日が最初で最後。なんだか業界用語っぽくて馴染めないや。

雑記 の他のエントリー記事を読んでみる]

sundaysoundtrackは移転しました

スポンサーサイト

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 雑記
makitani.com でもブログを書いてます。よろしくどうぞ。
お仕事は Cinci のWebサイトまで。

コメント

コメント・フォーム

トラックバック

トラックバックはこちらで認証後、掲載されます。sundaysoundtrackのこの記事への言及もしくはリンクがない記事、内容に無関係の記事からのトラックバックは、申し訳ありませんが認証しないことがあります。